MENU
歯科医師の採用情報はこちらから 歯科衛生士(常勤)の採用情報はこちらから

Case9出っ歯の治療について(裏側の治療)

Blog

Case9出っ歯の治療について(裏側の治療)

初診時

主訴 :出っ歯を治したい  
診断名 :前歯部叢生
初診時年齢 : 22歳3ヶ月  
期間 : 2年  
装置 : カスタムメイド型リンガルブラケット矯正装置(Incognito : 薬機法対象外)  
抜歯部位 : 非抜歯  
費用 : 96万(税抜)

治療上のリスクとして歯肉退縮、顎関節症、歯根吸収、カリエス、失活歯、クラック、根の露出、骨隆起、歯周病治療があります。 また、治療には個人差があります。あくまでご参考とお考え下さい。
詳しくは「矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について」をご覧ください。

 

治療開始時

右下の第2大臼歯は欠如しておりました。

非抜歯での治療を希望されましたので、上顎歯列全体を後方移動するための固定源として、口蓋に矯正用インプラントスクリューを埋入しました。

上下顎4切歯を除く全ての歯の裏側に装置を装着しました。矯正用インプラントスクリューに固定源となる装置を装着しました。

この固定源から、上顎犬歯より後方の歯に力を加えて、後方に移動させはじめました。

 

3ヶ月後

犬歯から後方の歯を少し後方へ移動することができましたので、上顎4切歯にも装置を装着しました。

7ヶ月後

上顎4切歯は並んできました。まだ下顎4切歯には装置をつけていません。

 

1年後

下顎右切歯を除いて、他の切歯に装置を装着しました。上顎犬歯より後方の歯はさらに後ろに動き、前歯部に少しスペースができてきました。

 

1年6ヶ月後

下顎の歯はきれいに並びました。上顎の牽引装置のデザインを少し変え、さらに歯列全体を後ろに牽引しています。

 

1年9ヶ月後

上顎歯列全体はほぼ牽引し終わりました。これからは微調整に移ります。

 

2年後

ようやく装置が外れました。

非抜歯での治療でしたが、上顎前突は改善しました。前歯部の叢生も改善しきれいなアーチができました。

良かったですね!

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ