MENU

Case1 ガタガタの治療について

Blog

Case1 ガタガタの治療について

初診時

主訴 : 出っ歯とガタガタを治したい

診断名 : 叢生

初診時年齢 : 27歳8ヶ月

期間 : 1年9ヶ月

装置 : リンガルブラケット矯正装置

抜歯部位 : 非抜歯

費用 : 98万(税抜)

※治療上のリスクとして歯肉退縮、顎関節症、歯根吸収、カリエス、失活歯、クラック、根の露出、骨隆起、歯周病治療があります。 また、治療には個人差があります。あくまでご参考とお考え下さい。詳しくは「矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について」をご覧ください。

 

治療開始時

大臼歯を除く歯の裏側に装置を装着しました。矯正治療の開始です。

 

2ヶ月後

すべての歯に装置が付き凸凹が少し改善しています。

 

半年後

治療開始から半年後にはガタガタは改善しました。
前歯部の歯はまだ噛み合っていません。

 

7ヶ月後

上顎の口蓋部に矯正用インプラントスクリューを埋入しました。
そのスクリューに付属品を付け、上顎大臼歯部がめり込むように力を加えています。
一見痛そうに見えますが、スクリューの埋入は麻酔下で無痛状態で可能です。麻酔が切れてもほとんどの方は痛みを感じていません。

 

13ヶ月後

上顎大臼歯部がめり込むことにより、下顎骨全体は反時計周りに回転し、前歯部のかみ合わせが深くなり始めました。

 

19ヶ月後

さらにかみ合わせは深くなってきました。
この後は微調整に入ります。

 

21ヶ月後

矯正装置を外しました。矯正用インプラントスクリューも撤去しています。傷は残っていません。
歯を抜かずに治療できました。
良かったですね。

またご自身の歯並びと見比べて参考にしてみてくださいね☆

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ