MENU
採用情報はこちらから

【下顎前突】歯の裏側からの矯正

Case

START

初診時

2020.01.01

25歳の女性です。 前歯の凸凹を主訴に来院されました。 分析の結果、受け口になっており、上顎は第二、下顎は第一小臼歯を抜歯することにしました

STEP 1

治療開始時

上下の歯の裏側に装置を付けました。装置は、最新型のWINです。 他の歯科医院に抜歯を依頼しました。 ※薬機法未承認の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

STEP 2

2ヶ月後

上顎第二小臼歯、下顎第一小臼歯を抜歯しました。 前歯部の叢生が少しずつ改善してきました。

STEP 3

6ヶ月後

前歯部の叢生は改善しアーチがきれいになりました

STEP 4

10ヶ月後

上顎の抜歯スペースは少しずつ閉じてきました。今後は、下顎のスペースも閉じていく予定です。

STEP 5

1年1ヶ月後

上顎の抜歯スペースは少しずつ閉じてきました。治療は順調に推移しています。

STEP 6

1年6ヶ月後

2020.01.01

下顎のスペースはさらに閉じてきました。

STEP 7

2年後

矯正治療を開始して2年経過しました。 受け口は治り、叢生も改善し、きれいなアーチが出来上がりました。 これから後戻りを防ぐために保定装置を装着していただきます。