MENU
採用情報はこちらから

【空隙歯列】歯の表側からの矯正

Case

START

初診時

15才の男子です。 前歯の隙間が気になって来院しました。舌癖が強く舌で上顎前歯を押し出していたため空隙ができ、さらに、前歯がかみ合っていません。

STEP 1

治療開始

一部の歯に装置を付けかかりつけ医に抜歯を依頼しました。 上顎第1、下顎第2小臼歯を抜歯することにしました。

STEP 2

1ヶ月後

抜歯を終え来院しましたので、内側に倒れている下顎第2大臼歯を除き、残りの歯にも装置を装着しました。

STEP 3

4ヶ月後

下顎第2大臼歯にも装置を装着し、歯列内に誘導しています。

STEP 4

6ヶ月後

下顎第2大臼歯は歯列内に並んできました。 また上下の前歯がかみ合い始めました。

STEP 5

9ヶ月後

さらにかみ合わせは改善してきました。

STEP 6

12ヶ月後

治療開始から1年が経過しました。 前歯のかみ合わせは深くなり抜歯スペースが少しずつ閉じてきています。

STEP 7

18ヶ月後

さらにスペースは閉じてきました。

STEP 8

26ヶ月後

抜歯スペースはあと僅かになってきました。 今後は微調整を行いながら仕上げていきます。

STEP 9

32ヶ月後

ようやく装置を外すことができました。前歯の空隙は閉じかみ合わせも深くなりましたきれいなアーチが出来上がりました。