MENU
採用情報はこちらから

【過蓋咬合】歯の裏側からの矯正

Case

START

初診時

30才7か月の女性です。前歯が出すぎてガミースマイルが気になるとのことで来院しました。上顎前歯は下顎前歯を覆ってしまい、見えません。笑ったときには歯茎がかなり目立っています。

STEP 1

治療開始

上顎第一小臼歯を抜歯することにし、歯の裏側に装置を装着しました。 かみ合わせを上げるように工夫し、装置を付けた時点でかみ合わせが浅くなりました。

STEP 2

1ヶ月後

上顎第一小臼歯を抜歯しすべての歯に装置を装着しました。

STEP 3

4ヶ月後

八重歯は改善し歯列内に誘導されてきました。 この時点で固定源の強化のため口蓋に矯正用スクリューを埋入しました。

STEP 4

8ヶ月後

固定源からアームを伸ばし、上顎前歯の後ろへの移動とともにかみ合わせを浅くするために前歯を上方にも引っ張っています。

STEP 5

14ヶ月後

少しずつ抜歯スペースは閉じてきました。

STEP 6

20ヶ月後

さらにスペースが閉じてきました。

STEP 7

24ヶ月後

抜歯スペースは閉じアームの形を変え微調整を行っています。

STEP 8

26ヶ月後

ようやく装置が外れました。前歯のかみ合わせは浅くなり、ガミーは改善しました。