MENU
採用情報はこちらから

【開咬】歯の表側からの矯正

Case

START

初診時

12才9ヶ月の女子です。 前歯部が咬み合わず食べ物が咬めないのを主訴に来院しました。

STEP 1

治療開始時

上顎前歯部6本のみ透明な装置を装着しました。

STEP 2

2ヶ月後

治療開始2ヶ月で、前歯部での叢生がとれてきました。 また、開咬の状態も少しずつ改善してきていますね。

STEP 3

4ヶ月後

さらに前歯部の咬み合わせは深くなってきました。

STEP 4

5ヶ月後

さらに咬み合わせは深くなり、上下の真ん中が合ってきました。

STEP 5

8ヶ月後

前歯部の咬み合わせはさらに深くなり、きれいなアーチが出来上がりました。

STEP 6

1年1ヶ月後

さらに咬み合わせが緊密になってきました。

STEP 7

1年3ヶ月後

微調整も終了し、装置を外しました。 治療開始前の前歯部の咬み合わせは深くなり、きれいなアーチが出来上がりました。