MENU
採用情報はこちらから

マウスピース型矯正

Medical

マウスピース型矯正(見えない矯正)

オーダーメイドで製作する薄い透明なマウスピース型の矯正装置です。

1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社によって開発され、テレビ広告などを通じて世界の主要各国にて販売されており、これまでに全世界で400万人を超える患者が治療を受けています(2016年9月末現在)。日本では、2006年に販売が開始されました。

マウスピース型矯正装置のメリット

1.透明で目立たない

透明なマウスピース型の装置なので、笑ったときに着けていることがわかりません。
従来のワイヤー型の矯正装置のように笑ったときに装置が見えたり、食事のときに食べかすが装置に詰まるといった、マイナスなイメージがないため、見た目を気にすることなく、歯並びを整えることができます。

2.0.5mmの厚さで喋るときも邪魔にならない

多くの方が想像するマウスピースとは違い、厚さが0.5mmと薄く作られていますので、喋るときに違和感が感じにくくなっています。

3.通院回数が少ない

通常のマウスピース矯正とは違い、歯が整っていく過程を専用のコンピューターでシミュレーションして、その過程にあった形のマウスピースを一度に制作するので、通院回数を2ヶ月に1回に抑えることが可能です。

4.自由に取り外し可能

従来のワイヤー型の矯正装置と違い、自由に取り外しが可能なので、食事中の煩わしさがありません。また、ご自身でお掃除も可能なので衛生環境を保つことができます。

5.金属アレルギーの心配がない

薄いプラスチックで作られているので、これまで金属アレルギーで矯正ができなかった方々にもおすすめです。

マウスピースの型取り

光学印象(口腔内スキャン)

今までの型取りと全く異なる方法です。
口腔内を光学カメラでスキャンし、それをコンピュータ上で3Dで再現する方法です。
患者様の苦痛が少なく、型の誤差が小さいです。
当院ではこちらを使用しています。