MENU
採用情報はこちらから

リンガルシステム

Medical

リンガルシステムとは

歯の裏側から矯正する方法

裏側矯正はリンガル矯正といい、装置を歯の裏側に装置を接着するため、治療中も見た目を気にすることなく過ごせます。

この治療は、歯科用CTや口腔内スキャンデーターを用い、仮想患者をコンピューター内に作ります。 そして、骨の内部、歯根や歯槽骨の厚みなどをデジタルモデルに再現させ、矯正専門医によるよりよい治療を提供する事ができる画期的な治療システムです。

患者様1人1人に合った装置やワイヤーをカスタマイズすることで歯槽骨と歯根に負担のない噛み合わせを実現させています。

また、カスタマイズされたワイヤーにより、歯を3次元で動かせることができますので微調整を行うことが容易になり、治療期間が短縮されます。

リンガル矯正は審美的に目立たないこと、ラビアル矯正よりもむし歯になりにくいという利点があります。

装置の種類

歯の裏の矯正(リンガル矯正)

歯の裏側に装置がつきます。目立ちにくいため近年では需要が高まっています。表の装置よりも価格は高くなっています。

マルチブラケット装置→歯の表の矯正(ラビアル矯正)

一般的な矯正装置で歯の表側に装置がつきます。