MENU
採用情報はこちらから

レベルアンカレッジシステム

Medical

レベルアンカレッジシステム

歯の表側から矯正する方法

一般的な矯正方法で、歯の表側にマルチブラケット装置を接着しワイヤーで歯を並べていきます。ラビアル矯正とも言われます。

当院ではレベルアンカレッジシステムという矯正治療システムと、歯科用CTを融合させて治療を行っています。

レベルアンカレッジシステムは、Dr.RootとDr.Sagehornによって1979年に開発された「診断と治療手順が融合し、理想的な治療結果を達成する矯正治療システム」です。
Dr.Rootは南カリフォルニア大学歯学部の臨床教授であり、矯正治療法の講習会で有名なTweedコースの会長兼インストラクターでもありました。

このシステムの特徴は、矯正装置の開発と矯正治療における一番難しいとされている個々の歯の移動をシステム化していることです。これにより、個々の歯の移動を予測できるようになり治療前に治療結果を予測できるようになりました。

レベルアンカレッジシステムでは、治療を始める前に具体的な目標(患者さんの現状からみて治療可能な最良の目標)を設定し、その治療目標を達成するためのしっかりとした治療手順を決定しますので、安定した結果を得ることが可能になり下記を改善していきます。

1.
機能(function)
正しい顎の運動
2.
安定(stability)
安定した治療結果
3.
審美(esthetics)
素晴らしい笑顔

また、歯科用CTを用いることにより、歯槽骨と歯根の形態を確認し、無理のない治療を行っています。