MENU
採用情報はこちらから

SureSmileシステム

Medical

当クリニックでのデジタルテクノロジーを用いた矯正治療

1998年に設立されたOraMetrix社(本社:テキサス州リチャードソン・アメリカ)により、SureSmileシステムは開発されました。SureSmileシステムは、最も正確で綿密な診断、治療方針の決定、患者のモニタリング、カスタム矯正治療を提供できる革新的なデジタルテクノロジーであり、2004年以降、アメリカ、カナダ、オーストラリアの400人以上の矯正専門医により用いられ、100,000人以上の患者が治療されました。

ここ日本では、2010年より導入が開始され、現在までのところ約50施設で用いられ、SureSmileシステムにより治療されてます。今後は、日本での導入施設が100施設を超えると予想され、さらなる発展が期待されます。

クリニックによる治療の流れ

当クリニックではSureSmileシステムで診断を行っています(図1)。そのため2種類の診断用の3Dモデルを用います。

一つはCBCTデータによるモデルで、骨、歯根の状態を再構築することができます。
もう一つは口腔内を直接計測可能な光学スキャナー(OraScanner)によるデータによるモデルで、歯冠および歯肉の状態が再現されます。

 

顎骨、歯根、歯冠そして歯肉の情報が仮想モデルとして正確に再現されます。

今までの矯正治療では、顎の骨に対する歯根の位置を正確に評価することができず、矯正科医の経験によるところがありました。

しかしながら、治療用3Dモデルを用いることによって、歯根を正確に顎の骨の中に位置づけるような治療計画の立案が可能となります。
つまり、骨に対する最適な歯の位置のシミュレーションが可能となり、生体機能を考慮した治療計画を立てることができます。

 

〜治療の流れ〜

1.患者様の口腔内を光学スキャナーによりスキャンし、歯冠および歯肉の状態を採取します。

(口腔内写真)  (スキャン画像)

 

 

2.顎顔面をCT撮影することによりCBCTデータを採取します。CBCTデータにより骨、歯根の状態を再構築することができます。

 

 

3.光学スキャナーによるデータとCBCTデータを用いて診断用の三次元(3D)モデルを作ります。

(治療前) (シミュレーション)

 

(治療前)  (シミュレーション)

 

(治療前) (シミュレーション)

 

これらを組み合わせて3Dモデルでシミュレーションすることが可能となります。これにより、治療目標を三次元で明確化することができるようになります。

 

4.3Dモデル上で歯に装着するブラケットの位置を決定します。

                                                 

 

 

5.歯にブラケットを装着し、レべリングします。

その後再度、口腔内のスキャンを行うことによってブラケットと歯の正確な位置が再現されます。再現された歯型を再作ることで、より現実的な個々の患者様に最適な治療目標が設定できようになります。

 

6.歯型の情報に基づいて、SureSmile wireをデザインし、個々の患者様に適用するワイヤーをロボットで正確に屈曲し、患者様に提供できるようになります。

(治療開始時) (1年半後) 

 

(コンピューターによるワイヤーデザイン)

 

7.動的な治療が終了すると、治療結果の評価を、3Dモデルの重ね合わせを用いることにより行うことができます。

これまでの矯正治療では、顎の骨に対する歯根の位置を正確に評価することができず、矯正科医の経験によるところが大きかったわけです。しかし、治療用3Dモデルを用いることによって、歯根を正確に顎の骨の中に位置づけるような治療計画の立案が可能となりました。つまり、骨に対する最適な歯の位置のシミュレーションが可能となり、生体機能を考慮した治療計画を立てることができるようになりました。

 

                 → 

 

SureSmileシステムの応用

SureSmileシステムに関する有効性は歯の表側からの矯正治療のみならず、歯の裏側からの矯正治療にも応用することができます。
また、最近注目されているアライナーの作成も可能となっています。
今後いろいろな角度からSureSmileシステムを用いることによって、より良い矯正治療を多くの患者様に届けることが可能となり、治療の精度、治療期間の短縮も可能なデジタル治療システムです。